メディア

はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例
はせがわ美術工芸・施工例

「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」記念 彩色・漆箔キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」記念 彩色・漆箔キャンペーン

親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶賛法要を記念し
多くの門信徒様にお慶びいただける彩色は漆箔の新調(修復)を行い
ご本堂に美しいお浄土の世界を表現なされませんか

1. 彩色・漆箔キャンペーン概要

親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800慶讃法要を記念し多くの門信徒様にお慶びいただける彩色や漆箔の新調(修復)を行いご本堂に美しいお浄土の世界を表現なされませんか?

なぜ、はせがわ美術工芸の漆箔・彩色が選ばられるのか

これまでによみがえらせた仏具は二千件以上にわたり、1984年には、西本願寺(京都市)の宮殿を修復しました。清水寺開山堂内の厨子も三百年ぶりに修復させていただき、太宰府天満宮の本殿も手掛けました。2005年には、豊臣秀吉が造った「黄金の茶室」を現代風にアレンジし、プラチナ箔を張り付けたプラチナ茶室を制作、愛知万博で公開されて話題になりました。はせがわ美術工芸では、国宝・重要文化財をはじめ、全国多数の寺社仏閣の保存修復・塗り替えの実績をもっております。

2. 工事種類

  1. 漆箔工事
  2. 幕下がり彩色工事
  3. 組物彩色工事

彩色・漆箔工事部位の寸法や仕様に
よって見積り価値が変動しますので
弊社担当者にお気軽にご相談ください。
ご本堂を拝見し、無料で
見積り・説明をさせていただきます。

3. 施工事例

施工事例 漆箔

浄土真宗本願寺派
徳勝寺様
福岡県田川市田川下組

<施工前>
<施工後>

施工事例 彩色

浄土真宗本願寺派
圓正寺様
山口県山口市山口北組

<施工前>
<施工後>

4. 工程紹介

本堂彩色・漆箔の計画から完成までの流れ

2020年12月い「建造物装飾※1」(保存団体名:一般社団法人 社寺建造物美術保存技術協会)を含む、17件の選定保存技術が「伝統建築工匠の技」としてユネスコ無形文化遺産に正式に登録されました。

一般社団法人 社寺建造物美術保存技術協会 正会員である株式会社はせがわ美術工芸ならではの工程の一部を紹介いたします。

※1:建造物装飾とは「建造物を華麗に彩り、部材の保護の役割も果たす、漆塗り、彩色、錺金具、鋳物、鍛冶などの技術」の事をいいます。

1. お問合せ

お電話または弊社ホームページよりお気軽にお問合せください。

TEL0949-24-7211

受付時間/8:00~17:00 平日(土日祝日を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

2. 現場確認

彩色工事に熟知した担当者がお伺いし、お寺様の施工希望箇所の確認・採寸等を行います。
その際、ご不明な点やご要望をお聞かせください。

3. 設計・概算見積

当社は彩色工事の為に、次の事を行います。

  • ①彩色下絵・色見本・完成イメージを作成し、施主様がご満足いただけるまで打合せを実施。
  • ②職人を同行し、施主様がイメージされる細部まで確認をし、ご提案いたします。
  • ③ご要望がございましたら、施工関係者の皆様への工事説明会を行います。

 

4. 最終見積・ご契約

施工内容を担当者より再度ご説明させていただき、彩色工事請負契約を締結となります。

5. 施工工程(工期は約2か月程度となります)

ご本堂内及び彩色工房内での施工工程の詳細はHP内特設ページに掲載しております。
当社ならではの施工工程をご覧ください。ご質問・ご確認は担当者にお申し付けください。

現場工程

本堂での工程になります。仏具移動、養生、木地補修、搔き落とし、塗装工程、仮合わせ、箔押し、コーティング加工等が現場での加工となります。

工房工程

工房での工程になります。和紙へのトレース工程、木地補修、盛上げ加工、箔押し工程、色付け工程となります。

6. 完工/お仏具移動とご荘厳

施主様による完成確認をしていただいた後、お仏具の移動とご荘厳を行い、完工お引渡しとなります。

7. 保守・メンテナンス

日本は四季があり、昨今の温暖化等の影響で気候の変化が厳しい環境です。長い間、美しさを保為当社では担当者・職人による定期的な保守メンテナンスを実施しております。

5. よくあるご質問

見積や相談だけでも大丈夫ですか?
もちろん、大丈夫です。ご連絡いただいた後、弊社の担当者が現地にて、ご要望や状態を確認させていただき、お寺様がご納得いただけるご提案をさせていただきます。
彩色は何のためにするのですか?
ご本堂に「極楽浄土」を表現することが彩色の目的です。金や彩鮮やかな極彩色(七宝)をもちいてご本堂内に浄土荘厳を行います。
彩色工事の工事期間はどの程度必要ですか?期間中は本堂での法要は可能ですか?
工事期間は工事範囲及び施工開始時期にもよりますが、ご契約後約2か月半~3か月程度必要となります。また、工事期間中の法要等も施工内容によりますが、養生での目隠し或いは仮本堂への移動・設置も可能ですので、事前にご相談ください。
古い彩色がある場合、どうするのか?
既存彩色を残されたい場合、保存状態が良ければ部分補彩が可能です。また、新しくなる彩色箇所と残された現状彩色部分での見た目の差が極力出ないようにご提案させていただきます。既存彩色部分を調査した上で、経年劣化等がある場合、新たな彩色を施すことをご提案させていただくこともございます。
どのような柱でも漆箔・彩色工事は可能ですか?
現場を確認の上、対応方法が異なりますが、可能です。例えば、コンクリート製の柱でも、事前の現状調査は必要ですが、通常の木柱と同様に施工はできます。また、木柱に割れがあった場合は「木埋め加工」を施すことでい可能ですが、ねじれや反りといった柱自体の変化の改善はできません。
漆箔工事は本堂新築時でも可能ですか?
木材は生き物という言葉があります。木の乾燥が十分であれば可能ですが、弊社では新築後約10年程度の期間を経て。漆箔工事をなされることをお勧めいたします。
また、集成材の柱の場合は、調査上、新築時に施工することも可能です。

お電話でのお問い合わせ

TEL:0949-24-7211

受付時間/8:00~17:00 平日(土日祝日を除く)

FAXでのお問い合わせ

FAX:0949-24-7221

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加